導入事例

病院内食事搬送車の老朽化に伴うAGV入替え更新(都内某病院)

業種 病院
導入システム 院内搬送システム
導入先 東京都内某病院

導入前のお客様課題

1999年に導入したAGVの入替え更新。
AGV本体については、老朽化及び使用部品の一部が生産中止になったことで代替品の手配が困難になりつつあった。
また、自動充電器においても、現行使用部品が近い将来入手が難しくなることが予想された為、AGV本体と併せての更新となった。

導入後のお客様の声

病院本館、1号館、3号館のそれぞれに200床、計600床分の食事を搬送するシステム。
厨房は本館にあり、AGVに搬送要求を行い、AGVは配膳台車と連結し指令を受けた場所まで搬送する。
その際、エレベーターの呼込み、ドアの開閉、乗降を中央制御盤からの指令で自動で行う。
水平搬送から垂直搬送まで行うシステム。
このシステム導入後、更新前のものより駆動モーターの出力を上げたことで搬送効率があがり、スムーズな走行となった。
また、補給部品の心配もなくなり、安心して使用できる環境となった。

仕様

車体寸法:W400×L1200×H230
積載重量:300kg
最高速度:45m/分
走行機能:前後進、スピンターン、スイッチバック

2輪速度差ステアリング
自動充電式
ピン型リフター